注目ヘッドライン

ラストアイドルに関するのまとめ記事 / ニュース / 動画 / ツイッター

最終更新:2017年12月10日 01:20

ラストアイドル 更新日:2017年12月10日 01時20分

ラストアイドル関連 まとめブログ記事

【速報】ラストアイドルの長月翠がやたらクオリティ上がってワロタwwww 芸能人の気になる噂 2017/12/10 00:30 【画像】 ラストアイドル ビジュアル最強アイドルに決定したと話題にwwwwwwwwwwww STUまとめ48 2017/12/05 22:00 【悲報】ラストアイドルがAKB商法アイドルと判明wwww 芸能人の気になる噂 2017/12/05 02:30

  • 1

ニュース

動画

Twitter

  • @siroiinazuma

    白い稲妻⚡しろたん(綿) @siroiinazuma

    2017/12/10 01:19

    フォローしてる半分のアイドルはラストアイドル見てるな、もっと見てそう

  • @human_hara

    原田直輝 @human_hara

    2017/12/10 01:19

    やった… ラストアイドルのことつぶやいといて、見逃した。

  • @takabalatte

    た か ば @takabalatte

    2017/12/10 01:19

    ラストアイドルのバンドワゴンって、アイドル界を独走する秋元プロデュースアイドルになるってことだよねえ。勝ち馬に乗るとはこのことか。

  • @shinichi_82046

    ♪shinichi♪じーな咲良麻衣ヤン @shinichi_82046

    2017/12/10 01:19

    @mangatimekirara @YK1227_ ラストアイドル🎵とにかく全てが速い❗一生懸命やるのみだね🎵

  • @mii_yako

    🐼 お か ぴ @mii_yako

    2017/12/10 01:19

    @Chou_R_midori みーたん! 夜遅くにごめんね😌 最近、ラストアイドル専用アカウント作ったから、これからたくさんリプ送らせてください😖💗 そして! 勝ち残り決定おめでとう😭 3月に会えるの楽しみにしてるよ😭 シュー… https://t.co/BTUCinDGmx

  • @N_gre517

    とうこ @N_gre517

    2017/12/10 01:19

    あれ、ラストアイドルの関西の場所発表されたっけ?してなかったら、サムサムが京都なら、京都ってこと?

  • @Illusionist_TK

    コードネーム:セロ(TERU) @Illusionist_TK

    2017/12/10 01:19

    フォロワーさんの薦めでラストアイドル見てたけど、後半に出る子の方が有利? 番組趣旨見たら普通じゃ指原莉乃みたいなアイドルは出ないっていや、普通にオーディションやって出てるじゃんって突っ込んでしまったわ。 で、思春期の女の子の人生を面白半分でやっちゃったのが吉田豪なのね(短絡)

  • @_hinanon

    ひなのん @_hinanon

    2017/12/10 01:19

    ラストアイドルの立ち位置3番の人20歳くらいかと思ってたら13歳でびっくらこいた 顔大人っぽいのに髪型芋すぎって思ってたけどまだ子供やった

  • @_pnyc

    み つ き @_pnyc

    2017/12/10 01:19

    ラストアイドルの女の子のファンは若い子が多いからつらい😂ビールじゃなくてフラペチーノだよね😂笑

  • @h_h_hsssss33

    うとこ @h_h_hsssss33

    2017/12/10 01:19

    ひゃぁぁぁぁラストアイドルも大好きだしがっこうぐらし!も大好きだし!!!!

コメント

コメント一覧

    • 1. い名無しのトレンド
    • 2017年10月15日 20:11
    • 間島ちゃん残念ながら敗退。個人的には阿部ちゃんが敗退して松本ももなちゃんとユニット組んでくれた方が興味があったけどな。。
    • 2. 名無しのトレンド
    • 2017年10月24日 21:49
    • 演出じゃないの?そもそも吉田がジャッジするのも怪しいし。最終的には初期メンバーが全員敗退して3dユニットで復活させるシナリオじゃないかな。
    • 3. 名無しのトレンド
    • 2017年10月31日 23:39
    • 私の深読みでは、初期メンバーは吉崎綾を除いて全員敗退。新センター阿部菜々実に合わせたメンバーの若返りとビジュアル面でのテコ入れが進む。古賀哉子も敗退し、セカンド・ユニットであるグッド・ティアーズの相澤瑠香と入れ替える。これで相澤は初期メンバーに合流出来る。この時点で吉崎綾本人の希望によるカタチで、初期メンバーへの合流を図る。欠けた立ち位置2番には、緊急事態ということで、挑戦して敗退した者からの復活ということで、審査員総員による投票による選考結果という体裁で敗退者の松本桃菜(ももな)を配置する。初期メンバーグループへの労いとして、衣装と曲(バンドワゴン)を返却する。この際にグループ名をフェニックス(不死鳥)といったふうに再生や復活のイメージを持つものにする。ラストアイドルには新曲と新衣装を与えてイメージを刷新させてデビューさせる。敗退した初期メンバーにバンドワゴン(曲)を返すことで、歌詞のバンドワゴンに振り回されないという言葉が生きる。ラストアイドル自体がバンドワゴン(勝ち馬に乗る)なのに、これを否定する歌詞はもともと変であるからだ。敗退者となった初期メンバーが歌うことで、初めてこの歌詞が意味を持つ。という深読みが成り立つ現況がつくられつつある。深読み通りになればすべてはハッピーエンドで収まる。最悪の残酷なオーディション番組がお涙頂戴のハッピーエンドな番組に様変わりする。
    • 4. 名無しのトレンド
    • 2017年11月01日 04:47
    • 説明が不十分であったので補足する。ラストアイドルがローティーン化することで、吉崎綾にとっては大変居心地が悪い環境となり、悪目立ちし過ぎることで、浮いてしまうことに。その結果、ラストアイドルに自分一人居続けるよりは元の仲間たちのもとで一緒にデビューしたい…という流れになる。吉崎がバトルを経ずに自ら退場することで、初期メンバーの全滅にはならず、しかも立ち位置2番を空席に出来る。ここで緊急事態と称して松本桃菜をねじ込むことが可能となる。敗退させた古賀哉子のグッド・ティアーズ入り(相澤の身代わり)も相澤瑠香への罪滅ぼし的な美談に出来、相澤との握手シーンへとつなげられる。古賀が初期メンバーのもとに入らずに相澤に譲るカタチが演出出来るというわけである。相澤もこれで念願の初期メンバーグループへと戻り、衣装と曲(バンドワゴン)を取り戻せることとなる。グッド・ティアーズも、美談でさらに注目を集める古賀哉子の加入でユニットを強化できるし、この入れ替え劇の噂でさらに注目度を上げられる。
       ローティーン化したラストアイドルにはバンドワゴンの歌の世界はそぐわなくなるので、新曲と新衣装でイメージを刷新してのデビューのほうが望ましいことだろう。フレッシュさを前面に押し出せることにもなる。
    • 5. 名無しのトレンド
    • 2017年11月02日 09:37
    • おしゃまな妹キャラとして、パクスプエラの最年少みうっぺ(佐竹)を加入させてみるのも面白い。小学生が加わることでファン層の拡大にもつながるだろう(ロリコンも含めて)。パクスから2名の加入が実現すれば、前座としてパクスを使いながら、ラストアイドル、グッドティアーズ、初期メンバーグループのいずれかのメンバーに病欠や事故欠が出た際の臨時対応要員にパクスの残り3名を充てられる。パクスのメンバーは若年ではあるが、全員が歌唱力もダンスもしっかりしている。また、番組で見せているようなソロパフォーマンスをコンサートでやる際にはバックダンサーやコーラスとしての機能も果たせる。
    • 6. 名無しのトレンド
    • 2017年11月04日 07:01
    •  本音の話をすると、私は蒲原令奈によってラストアイドルのクオリティが大きく劣化したと思っている。入れ替えの際に見せた沖縄でいうところのテーゲー(いい加減)ぶり。振付をろくに覚えて来ない厚かましさにはあきれるばかりである。結果、バンドワゴンのお披露目を滅茶苦茶にしたにもかかわらず、司会も審査員も誰一人叱責しない。蒲原令奈とはそれほどに甘やかされるほどの逸材なのか?大物なのか?私には存在そのものが違和感やストレスの対象でしかないのだが。画面の向こう側にいる大勢のファンたちをバカにしないでほしい。中には彼女たちのパフォーマンスであるバンドワゴンを楽しみに鑑賞している人だって少なくないはずである。私もその一人である。初期メンバーたちが苦労して築きあげてきた曲の世界のクオリティを粉みじんにするかのような足手まといの人物を選ぶ、ぶっ飛んだ審査員の趣味・嗜好の産物ではあるのだが、本人のいい加減さにも責任があるだろう。蒲原令奈が立つ立ち位置5番は、このオーディションのために10Kgの減量をはじめ、必死な思いで努力を重ねてきた一人の少女の純真な思い、夢が込められている。どうかその立ち位置5番を汚さないでほしい。あと、謝るときは口先だけでなく、しっかりと頭を下げなさい!へらへら笑ってごまかせることではありません。
    • 7. 名無しのトレンド
    • 2017年11月06日 18:31
    •  この番組は最強のアイドルユニットを作る番組ではなかったのか?最近は当初の方向性からかなりずれ込んでいるように感じるのは私だけ?剣道の試合に棒術や薙刀の選手を出場させれば、それは確かに今までいなかった選手ですね~ということになる。最近はあまりにひどい。アイドルの座をかけた勝負の判定ではなくなりつつある。イロモノユニットを作りたいのならば、最強アイドルの看板をはずしてから作ってくれ!
       天然・イロモノ選手権にタイトルも変えてくれ!
       “珍獣”蒲原をセンターに、2番に“天然系”安田、3番に“珍獣調教師”古賀、4番に“ラップ系”MISAKI、5番に“スケ番系”八剣、これで審査員好みの“天然イロモノ流”ユニット完成で3つ目か4つ目のセカンドユニットにすればいいのでは?ファン層は大きく異なってくるだろうが、そんなことは審査員の知ったことではないのですよね?物珍しさで半年かそこらは売れるのでは?いっそのこと“珍獣ハンター”イモトも立ち位置6番あたりに入れればどうですか?おおいに笑いが取れるのでは?飽きられたら古賀と安田は女優に転向し、他は松竹新喜劇にでも入ればいい。
    • 8. 名無しのトレンド
    • 2017年11月08日 08:24
    •  シュークリーム・ロケッツ見てて思ったんだけど、このユニットが天使チームだとしたら、次は…
       女神チームでも作りかねないなと感じた。 吉崎綾さん、次はヤバイですね。女神チームのリーダーが務まるとしたら、あなたしかいません。メンバーとして安田さん、古賀さんがさらに引き抜かれ、敗者の西村さんを加えた4名チームでなら、かなり強力な女神チームが作れそうな気がする。天使3名+女神4名のほうが、ラストアイドル本体7名よりもファンが付きそうな気もする。最後は間島ちゃんが敗者組で残った人たちと共にバラエティセットみたいなチームを持たされるのかな?6名か8名で。最後の2週間くらいで、秋元がいよいよ切り札的な挑戦者を投じてきそうな気もする。弱体化したラストアイドル本体をどのようにリニューアルしていくのかが見どころになっていくのかな?でないと菜々実ちゃんが可哀そうすぎる。
    • 9. 名無しのトレンド
    • 2017年11月12日 12:42
    •  どうやら吉崎綾さんではなく阿部菜々実ちゃんを落としにきたようですね。これで残りの2つのセカンドユニットが間島グループと阿部グループということに決定ですね。間島ちゃんと菜々実ちゃんを人質に取られたカタチなので、嫌でも二人のセカンドユニット見たさに番組を見続けるしかないということになりますね。ヘドが出そうな番組ですが、仕方がありません。秋元が毎回現場に来ているらしいので、事前に誰それを審査員に指名したら波乱の審査をするかが決められた上で、審査員を選んでいるのでしょう。波乱のジャッジをさせられる当番の審査員は御気の毒ですが。菜々実ちゃんのセカンドユニットに、おーりお(大森莉緒)と滝口きらら、清原梨央、籾山ひめりが来るといいですね。℃-Uteみたいなグループになれるよう、菜々実ちゃんが引っ張っていってほしいです。間島ちゃんとまひろちゃんのセカンドユニットの方もそろそろ登場するのでしょうかね。こちらにも期待しています。でも私が実際に応援出来るのは、菜々実ちゃんのグループとシュークリームロケッツの2つが限界かな?本体のラストアイドルについてはもう関心が薄れました。どうでもいいですので、好きなようにいじくってください。破天荒な13歳がセンターを務め、アイドル像とはかけ離れた歌姫を抱えたラストアイドルがさらにいじくり回してどんなユニットになっても、もはや関心はありません。ご自由にどうぞ!という感じです。どうせ応援しませんので。破天荒な13歳のステージを映像で見ましたが、お遊戯ですね。元気によく頑張りましたね~と褒められる程度のものでした。6名の中での存在感も感じられませんし、埋没感のほうが大きいですね。最終的には視聴者の求めるアイドルグループとは、かなり乖離したものに仕上がりそうですが、売れるのでしょうか?ファン層の好みに合いそうなセカンドユニットの方に関心がシフトしていきそうに思えます。
    • 10. 名無しのトレンド
    • 2017年11月12日 16:06
    •  菜々実ちゃんを切りにきたということは、阿部菜々実ファンはラストアイドルにはいらないと宣言されたに等しい。つまりは、菜々実ファンも切られたということになる。菜々実推しのファンにとっては、菜々実ちゃんがセカンドユニットを引き連れて再登場するまでは雌伏の時となる。地下にもぐる(パクスプエラの応援)しかない。菜々実ちゃんの再登場を待って、爆発的な応援活動が展開出来るよう、資金とエネルギーを蓄えて待とう!
    • 11. 名無しのトレンド
    • 2017年11月13日 14:57
    •  パクスのツイッターで、菜々実ちゃんが11月10日のコメントの中で絶対に最後まで勝ち残れるようにがんばります!!!といっていました。すでに結果が出てるはずなのに、この言葉が出るということは… 良かった!
      本当に良かった!! でも、それでは今回も出ている『まさかの…』の意味は何なのかな? とても気になる。
    • 12. 名無しのトレンド
    • 2017年11月13日 17:09
    •  阿部菜々実ちゃんは、ビジュアル(顔・スタイル)とパフォーマンス(歌・ダンス)の両面でのポテンシャルの高さが評価されていて、しかも15歳という年齢からも今後の可能性の高さが窺い知れる。逸材中の逸材なんだと思う。輝きというのかな、オーラというのかな、居るだけで圧倒的な存在感がある。そんな彼女を見ていて最近気が付いたんだけど、彼女には押しの強さとかアクの強さみたいなものが無い。自分がすべてにおいて前面に出ようという自己主張の強さが全然見られない。ピュアといったらいいのか、透明感といったらいいのかな、超然として佇む感がある。これはこれでセンターとして理想的な気もする。そうでないと、他のメンバーの色合い(魅力)が出せなくなってしまうように思う。他のメンバーの輝きも損なうことなくチームのクオリティを引き上げられる願っても無い天性のセンターなんだと思う。彼女がもしセンター以外の位置に立ったらバランスが非常に悪いし、悪目立ちしすぎて他者の輝きを奪ってしまいかねない。現在のパクスプエラのステージを見ていても納まりの悪さというのかな、妙な不自然さを感じてしまう。彼女が納まるところにしっかりと納まっているラストアイドルの方が菜々実ちゃん本人も含めて数段魅力的であるように思われる。間島ちゃんを失ってまで手に入れた得難い至宝である。吉田豪事件のような一人の審査員の特別な嗜好性で失うようなことが無いように願いたいものである。
    • 13. 名無しのトレンド
    • 2017年11月15日 04:50
    •  セカンドユニットはおそらく4つだよね。カップリング曲が確かA~Dだったはずだし。すでに2つ誕生しているから残りは2つ。そのうちの一つは間島ちゃんとまひろちゃんのグループだとして、最後に残った一つのセカンドユニットのセンターを決めるバトルが次の土曜日深夜に行なわれるわけだね。菜々実ちゃんに負けても、猪子れいあさん(エーベックス所属)が最後のセカンドユニットのセンターになれるというわけか。エーべックスとの間で段取りがついているわけね。だから可愛いくて元気があるだけの13歳に、無謀なセンターへの挑戦をさせるということなのね。はっきり言って阿部菜々実ちゃんのポテンシャルの方がはるかに高い。それでも菜々実ファンが心配しているのは、審査員の虻川実花がエーベックスに所属している人間だから。こんな人になぜジャッジを委ねるのだろうか・・・
    • 14. 名無しのトレンド
    • 2017年11月15日 07:18
    •  センター対決で菜々実ちゃんの選曲はなんと“ブランニューワールド”でんぱ組.Inc。
       対戦相手の猪子れいあさんのパフォーマンスの持ち味は、とんだりはねたりといった元気いっぱいの躍動感を出すこと。彼女にはこれしかありません。これに対して歌唱力勝負の聴かせる曲をぶつけてきましたね。菜々実ちゃんがどれだけ情感を込めて歌いあげることが出来るか楽しみでもありますね。菜々実ちゃんはどちらかというと、歌唱力よりもダンス能力の方が秀でていると個人的には思っているので、この選曲には驚きました。菜々実ちゃんの歌の世界に惹きこまれることを期待しています。
    • 15. 名無しのトレンド
    • 2017年11月16日 04:12
    •  今回のセンター対決をもって、ラストアイドルと4つ目のセカンドユニットのセンターが確定するのでしょう。(3つ目のセカンドユニットは間島ちゃんとまひろちゃんのユニットでしょうから)
       これ以降は4番・5番・6番・7番の入れ替え戦が待ってるのかな? おそらく最終回に近づくに従って、秋元が強力な切り札を投入してくる可能性が高まると思います。秋元にとってもラストアイドルを売れるユニットにするための最終的な仕上げが必要でしょうから。
       ラストアイドルのセカンドユニット4つは、ラストワゴンにカップリングされる自分たちの曲が入ったCDが売れないと、解散させられるか2曲目を与えられずに放置されるのかな?
       全国各地を飛び回って握手会・サイン会・撮影会をさせられるのでしょうね。CDを売るために。
       一方でラストアイドルは大都市限定での握手会等のほかはTV出演・雑誌の表紙撮影・グラビア撮影等で露出度を上げていくのでしょう。
       こうしてバンドワゴンをオリコン上位にもっていくのでしょうね。
       セカンドユニットはバンドワゴンとラストアイドルを売るための肥やしにされる運命なのかな。
       でもそんな運命に逆らって、売れるユニットが出て欲しいですよね。
       それこそが“バンドワゴンに振り回されない”姿なのですから。
    • 16. 名無しのトレンド
    • 2017年11月16日 21:53
    •  バンドワゴンの完成度が崩れてきている。 特に立ち位置5番の蒲原令奈さんがひどすぎる。
       菜々実ちゃんに対するコンプレックスなのか、菜々実ちゃんとの距離が不自然に開き過ぎているためにフォーメーションが完全に崩れてしまっている。 円陣を組む時や4番・5番コンビがセンターの両脇に移動する際に、菜々実ちゃんとの距離を置き過ぎるのである。 しかも彼女はバンドワゴンの歌詞を覚えきっていないのか、それとも歌詞を間違えるのが怖いのか、マイクに自分の声が入らぬように、口から遠ざけていることが多い。 11月11日の録画を見て呆れはてた。
       間もなくデビューなのに、こんな調子でこのユニットは大丈夫なのだろうか? 蒲原令奈さんをいじめるつもりはないのだが、あまりにもグループ全体に害をなしすぎている。 メジャーデビューするということはプロになるということだ。 あまりにもプロ意識がなさすぎる。 甘すぎるように思う。 アイドル業界の厳しい世界には到底入っていけない人のように思われる。 彼女一人のためにグループ全体が沈むことにならなければいいのだが・・・ 菜々実ちゃんのダンスがキレを見せれば見せるほど、全体的な無様さが際立ってしまう。
       吉田豪氏は番組内で蒲原令奈さんが番組や暫定メンバーの緊張感を壊し過ぎてると発言していたが、あなたが選んだ蒲原令奈さんが壊しているのはそれだけではない。 肝心のデビュー曲のクオリティそのものを壊している。 あなたにはアイドルを見定めることなど到底無理だと思われる。 ここまでの滅茶苦茶ぶりはあなたにも想定出来ていなかったはずだ。 彼女がいたのでは、ラストアイドルはプロのアイドルグループとしてデビューすることは適わない。 洗練されたプロのアイドルグループを見慣れたファン層にはイロモノグループとしか映らないし、曲に対するクオリティの低さは誤魔化せない。 
    • 17. 名無しのトレンド
    • 2017年11月17日 05:33
    •  前文において、全体的な無様さが際立ってしまうと書いたが、下記に改めさせて頂く。

       菜々実ちゃんのダンスがキレを見せれば見せるほど、全体的な無様さ、滑稽さが際立ってしまう。
    • 18. 名無しのトレンド
    • 2017年11月18日 01:22
    •  最強を目指すラストアイドルに本来組み込まれないとならないはずの重要なパーツとなるべき人たちが分散しすぎてしまっている。これは本体を含めて5つのグループファミリーを作り出すためのやむを得ない手段なのだろう。ではグループ全体でのデビュー曲の売り込みが成果を上げた後は、どのような展開になるのだろうか。
       おそらくデビュー曲のCD/DVDには投票券が付けられていて、審査員が選んだ7名をファンが投票により修正出来るカタチを取るのではないか。ファンが最終的に作り直す真のラスト・アイドルというわけだ。 これなら推しメンのために無理をして大量のCDを購入するファンが出るのかも知れない。 秋元流でいけばこうなるのが必然なのかな。 大量の不法投棄につながらないことを願うのみである。 私の好みでいうと、立ち位置1番 阿部菜々実、2番 吉崎綾、3番 松本ももな、4番 猪子れいあ、5番 長月翠、6番と7番は次の中からならだれでもいい。 古賀哉子、大石菜摘、大森莉緒、朝日花奈、籾山ひめり、又は今後登場する挑戦者。 私が選んだ立ち位置1番~5番については、多くの人が同意出来るのではないかと思う。これでなら最強のアイドルを目指せるのかもしれない。
    • 19. 名無しのトレンド
    • 2017年11月18日 07:02
    •  前文で間島和奏さんの名前が無いのは、彼女はやはりセンターでいて欲しいとの個人的な思い入れが強いからである。セカンドユニットでセンターに立つ彼女を再び見たい・・・間島ファンの方々の多くは、私同様にそう思っているのではないだろうか。
    • 20. 名無しのトレンド
    • 2017年11月19日 17:25
    •  次回公表されるラストアイドル史上最大の事件とはなんぞや? ろくでもない想像しか浮かんでこないので、こういう演出はやめてほしい。
       可能性としては、まずは間島和奏ちゃんたち敗退者組の人たちの中で犠牲者が出た場合が考えられる。 これはアイドルを諦め、セカンドユニットも辞退するケースの他に、文字通りの事件性が伴うケース。どちらもあってほしくないものだ。
       次に考えられるのは同じ秋元プロデュースのアイドルユニットであるAKBグループや坂グループからの対抗意識丸出しの挑戦。 これはそれぞれのファンを巻き込むので、やっかいなことになる。
       さらに考えられるケースとしては、今回のCDの販売方法に関わる公正取引委員会等による干渉。
      不正又は不適切な販売方法として公的な介入が入る場合である。
       おまけとしては、TV朝日、秋元又は審査員に対する暴行・脅迫行為等が起きた場合やメインのスポンサーが降りた場合。
       これは可能性は低いだろうが、シュークリームロケッツの登場により、日陰者になってしまったG・Tのメンバーの脱退。
       ホントにろくでもない想像しか浮かばない。
       だからこのような人騒がせ的な次回予告・番宣はしないで欲しい。
    • 21. 名無しのトレンド
    • 2017年11月20日 08:59
    •  間島和奏さんと山田まひろさんのセカンドユニットはいつ登場するのだろうか。猪子れいあさんがセンターに挑戦して敗退したので、先にこちらのセカンドユニットが結成されて、またまた後回しということになるのかな。
       猪子れいあさんのアイドル性と個性は強烈でしたから。
       猪子れいあ・大森莉緒・清原梨央・籾山ひめりといった編成のグループになるのかな?
       シュークリームロケッツはももなん(松本ももな)さんの持ち味である可憐な可愛さをテーマに、グループ作りと曲作りがされている感がある。猪子さんの場合は、持ち味の元気な明るさと躍動感に満ちたグループ作りと曲作りになるのだろうか。 競合し過ぎて共倒れになるようなことにもならないだろう。 センターが共に超美少女であることは変わらないが、両者の個性・魅力がはっきりと色分けできる。
       ということで、3つ目のセカンドグループが登場した後での4つ目のセカンドユニットとして間島ちゃんたちの登場ということになるのかな・・・
       今回のラストアイドルの中で行われた次回予告が、どうにも気になってしょうがない。
       間島ちゃん関連の情報が途絶えているせいか、妙に気になってしょうがない。
       さらには番組内でのバンドワゴンの曲披露で、途中から一部端折られたせいで、ダンスの映像と音声がズレていることも気がかりだ。 ちょうど蒲原令奈さんの動きがカットされているような感じだから。
       もしかして次回の大事件とは、彼女に関わることなのかと暗示されているようで、こちらも気がかりなのだ。
       
    • 22. 名無しのトレンド
    • 2017年11月22日 06:01
    •  今年だけでも、解散したアイドルユニットの数はかなりの数となる。
       このオーディションに再起をかけてチャレンジした元アイドルの数もそれなりに多かったのではないだろうか。
       現アイドルのチャレンジも含めると、アイドル経験者が目白押し状態だったと思われる。
       そんな中で、過酷な審査を経て挑戦者に選ばれた人たちのポテンシャルの高さには驚くばかりである。
       阿部菜々実・松本ももな・猪子れいあ・大森莉緒・滝口きらら・王林・朝日花奈・池松愛理・籾山ひめりといった豪華な顔ぶれである。その中で、暫定メンバーに勝利してメンバー入りを果たしたのは、阿部菜々実ちゃんただ一人である。たった一人を除いて敗退している。
       なんともすごい番組である。
       これほどの試練を経て生き残っているラストアイドルメンバーとは、どれだけ強力なメンバーばかりなのか?
       ということになるのだが、これには多くの人が疑問を持っているのではないだろうか。
       立ち位置1番の阿部菜々実と2番の吉崎綾を除いたらアイドル活動未経験者ばかりなのだから。
       グループ全体のアイドルとしての総合力は、それほど期待できるものとは言い難い。
       最強のアイドルと呼ぶには無理を感じる。
       たまたま対戦者に恵まれたか、対戦者からの指名が少なくて生き残っていると言われても仕方がない現状がる。
       一方で、3度も指名を受け続けて沈んだ間島和奏・長月翠がいる。 彼女たちが身を盾にして、メンバーが守られてきた経緯がある。

       
    • 23. 名無しのトレンド
    • 2017年11月22日 06:20
    •  《前文の続き》

       もし松本ももなと猪子れいあがセンターを指名していなければ、確実に彼女たちは暫定メンバーの一角を保持していたに違いない。 そう思っている人が多いはず。 むしろその方が、最強アイドルとしての魅力に溢れたグループが見られたのに・・・そう思っている人はかなり多いのではないかと思う。
       あと1か月で、そういった残念な思いを払拭できるほどのドリームチームへと変貌出来るのだろうか?
       最強のアイドルグループ“ラストアイドル”を本当に誕生させることが出来るのだろうか?
       視聴者やファンを欺かないで欲しいと心から願うのみである。
    • 24. 名無しのトレンド
    • 2017年11月22日 07:43
    •  今日は吉崎綾さんについて少しだけ書かせてください。
       「綾ちゃん、無理をし過ぎないでね。涙をため込み過ぎないでね。」
       今のあなたを見ていると、とても切なくなってきます。
       いくら努力を重ねても、その努力や成長が評価されずに、目ヂカラがどうだとか、キャラクターが面白いとかいったわけのわからないジャッジでお互いに励まし合い、共に頑張ってきた仲間たちが次々と刈り取られるように姿を消して行く・・・そんな理不尽さに対する怒りと悲しみがあなたを変えてしまったように思います。
       心に鎧をまとったかのような闘争心と儚さを思わせる愁いを身に纏っているように思われてなりません。
       この番組の残酷さ、理不尽さがあなたのやさしくピュアな心をかなり深く傷つけているのでしょうね。
       最近は見ていて辛く感じることが多いです。
       ただ見守ることしか出来ない一視聴者としては、あなたの心身の健康が損なわれないよう祈ることしか出来ません。 寒い季節になってきましたので、ご自愛下さいます様に。
    • 25. 名無しのトレンド
    • 2017年11月23日 09:35
    •  ラストアイドルの公式サイトで視聴出来るEXP限定動画において、愛里カメラも綾カメラも鈴木遥夏さんを被写体にしてクローズアップしている。 安田愛里さんと吉崎綾さんのメンバーに対する優しさが感じられる。
       キャラが目立たない鈴木遥夏さんをそれとなく応援してあげていると思われる。
       鈴木遥夏さんは立ち位置6番(視聴者から見て右端)ということもあり、バンドワゴンのパフォーマンス時にもあまり目立っていない。 これは山田まひろさんの頃から同様であったので、映像の編集上不利な立ち位置なのかも知れない。 まだ反対側(左端)の古賀哉子さんの方が画面に映る機会に恵まれているように感じる。
       全体を移すアングルにおいてさえ、古賀哉子さんは映っているのに、鈴木遥夏さんは安田さんの陰になって映っていないことが多い。 鈴木遥夏さんの特技は小1から習ってきたダンスである。
       そのダンスの腕前を十分に視聴者にアピール出来ていない環境下にある。
       挑戦バトルも指名が無いまま来ているので、こちらでもダンスの腕前を披露出来ぬままなのだ。
       おそらく、グループ内ではダンス能力が高いはずなのだが、それを証明できる機会に恵まれていない。
       メンバーの中では、阿部菜々実ちゃんの次に、ダンス能力に秀でていると思われる。
       鈴木遥夏さんは、キャラ的にはグループ内で目立たない傾向にあるため、お姉さんたちが気を使ってくれているのだろう。
       お姉さんたちの優しさが垣間見れる、ほのぼのとした愛里カメラ、綾カメラである。
       このグループ内で見られるこういった何気ない優しさは、実質的なリーダーである吉崎綾さんの人柄によるところが大きいと私は思っている。
    • 26. 名無しのトレンド
    • 2017年11月23日 09:44
    • 前文の補足

       菜々実ちゃんは3歳からダンスを習っていると思われるので、およそ12年のダンス経験を持っていることになる。若干15歳にしてベテランの領域にいる。既に小3・小4の頃にはアイドルグループのMIMI(ミミ)で小学高学年や中学生のメンバーたちの中に混じって歌い踊っていた。 因みにMIMIは現在のパクスプエラの前身であり、パクスプエラのメンバー5人はMIMIの選抜メンバーであった特別な5人であった。但し、最年少のみうちゃんは初期メンバーであったかなちゃんと入れ替わりで入った。 このみうちゃんも、あのパフュームを育てた広島アクターズスクール出身の逸材である。
    • 27. 名無しのトレンド
    • 2017年11月24日 03:44
    •  明日深夜のラストアイドルでの大事件が一つなのか、複数なのかはわからない。
       だが、そのうちの一つは暫定メンバーの脱退が濃厚のようだ。 次回予告で顔が映っているのは3人だけ、吉崎綾さん、鈴木遥夏さん、古賀哉子さんの3名である。この3名の様子を見れば脱退者が出たと推察できる。でなければこんな表情をするわけがない。さらにドアを開けて入室してくる後ろ姿は阿部菜々実さんともう一人、おそらくは大石夏摘さんだと思われる。この5名を除くと残るのは、安田愛里さんと蒲原令奈さんの2名のみ。安田さんは初期メンの盟友である吉崎さんを置いての脱退はあり得ないので、たどり着く答えは・・・ ということになる。
       バンドワゴンの出だしでメンバーの顔を順に映していくが、蒲原令奈さんの表情が異様である。 何かを覚悟し、思い定めたような表情をしている。 加えて大石夏摘さんの表情もさえない。
       しかも阿部菜々実さんのバトルを見ている最中に、メンバーの中で唯一、大石夏摘さんが複雑そうな表情で蒲原さんがいる方向に視線を向けている。 大石夏摘さんは蒲原さんのすぐ後にメンバー入りした関係で蒲原さんとはお互いに励まし合う仲であることを過去に明かしている。 これらが意味することを考えると・・・
    • 28. 名無しのトレンド
    • 2017年11月24日 05:05
    •  大事件についての予想がいろいろなところで盛んなようだが、阿部菜々実ちゃんの兼任禁止という説まで飛び交っているようだが、まずこれはないと思われる。現状でもパクスプエラ側で大きく譲歩して菜々実ちゃんのスケジュールを組んでいるとみられるからだ。朝日花奈さんの東京ロケッツや王林さんのりんご娘と同様に、パクスプエラもラスドル効果で繁忙化しつつあるようだ。 だからといって、菜々実ちゃんがいないとパクスプエラが営業できないわけではない。菜々実ちゃん不在でもパクスプエラは4人であろうと3人であろうと、フォーメーションを変えて臨機応変にステージを務められる実力を持ったチームなのだ。つい最近も、みうちゃんがソロでゲスト出演し、一人でステージをこなしている。 リーダーのゆりかさんや、ゆいなさん、ひなさんたちの実力も過小評価すべきではないといっておきたい。
    • 29. 名無しのトレンド
    • 2017年11月24日 12:40
    • 明日の山形のお祭りで、ラストアイドルの出演予定が入っているので、番組放送前にネタばれするのでは・・・
    • 30. 名無しのトレンド
    • 2017年11月25日 06:22
    •  ラストアイドルファミリーで大阪・京都・神戸といった近畿地方からの挑戦者がいないのはなぜ? 近畿には4つの政令指定都市があるのに・・・不思議だ。 広島・岡山といった中国地方からの挑戦者もいない。 北陸からもいない。
       これから秋元が切り札として投入してくる挑戦者として温存されているのだろうか。
       グッドティアーズのメンバーは東北(青森・宮城)・関東(埼玉・千葉)・九州(福岡)で構成、シュークリームロケッツは関東(東京・神奈川)である。 ラストアイドルは東北(山形)・関東(東京・神奈川・千葉)・九州(福岡・沖縄)である。 どうにもバランスが悪い。
       今後のセカンドユニットへの参加が期待される人たちも北海道(間島和奏、猪子れいあ)・秋田(MISAKI)・愛知(山田まひろ、大森莉緒)・愛媛(清原梨央)・栃木(籾山ひめり)・神奈川(西村歩乃果)・千葉(滝口きらら・八剱咲羅)といった構成になる。
       ラストアイドル関係者の出身地は、北海道・東北・関東・東海に集中しており、飛び地的に福岡・愛媛・沖縄があるといったところ。 北陸・関西・中国と福岡・沖縄を除く九州からの挑戦者にもぜひ出場してほしい。
       だが、挑戦者募集は締め切られているはずなので、今後の挑戦者の中にいてほしいと思う。
       高校野球ではないが、全国的にラストアイドルへの興味・関心を掘り起こすためには、挑戦者も全国的な広がりを持ってほしいと思うのである。 そしてラストアイドルとセカンドユニットのメンバーに、各地方出身者がいることで、親近感を伴って応援してくれるファン層も広がっていくのではないかと思うのである。
       特に大阪の方では、放送時間がズレているとも聞いており、興醒めな感も否めないだろう。だからこそ尚更地元からの挑戦者に出て盛り上げてもらいたいと思っている。
    • 31. 名無しのトレンド
    • 2017年11月26日 01:14
    • これだけ茶番のテレビに感情移入出来る奴って洗脳されやすくて怖いな、ワクワクが無くパッチワーク。
      残酷ショーだが薄っぺらすぎて中身の無さが酷く、もうちょっとドキドキさせろよ、地下アイドルはダメ。

      新しくスゴイ斬新というのが出来ないのは才能があるスタッフが居ないから、トイレタイム番組。
    • 32. 名無しのトレンド
    • 2017年11月26日 11:02
    •  翠ちゃん、お帰りなさい。蒲原さんには失礼になるが、やっとあるべき姿に戻ったというのが、正直な思いである。吉田豪事件以来、悶々としていた思いがようやく晴れた感がある。
       私が以前に、個人的な希望としての立ち位置1番~5番の人選を紹介させて頂いたが、翠ちゃんは立ち位置5番に必要不可欠な人財(人材ではなく人財)である。
       ラストアイドルを構成する最重要な立ち位置1番~5番を私は個人的にスペシャル5又は☆5(スター5)と呼ばせて頂くことにした。この5人だけで、既存のアイドルグループに勝るだけのオーラパワーと、個の突出した魅力・個性を輝かせることが出来るだろう。
       あらためて私が希望するスペシャル5をご紹介させて頂く。
       立ち位置1番 阿部菜々実、2番 吉崎綾、3番 松本ももな、4番 猪子れいあ、5番 長月翠。
       3段構成で見る者を惹きつける強力なラインナップである。
       1番センターの安倍菜々実の圧倒的なオーラパワーでまずは引き寄せられる。
       加えて2番の吉崎綾と3番の松本ももなが放つ妖艶と可憐が織りなすビジュアルパワーに息を呑み、
       さらには4番の猪子れいあと5番の長月翠の可愛く個性的かつ躍動的な魅力に心を躍らせる。
       1段目を掻い潜っても、2段目に絡め捕られ、それを逃れ得ても3段目に止めを刺される。
       心を奪われて注目せざるを得ない、ファンにならざるを得ない最強の布陣となる。
       これをラストアイドルのスペシャル5又はスター5(☆5)と私は名付けたい。
       では立ち位置6番と7番はどうするのか? 以下に続く
       
    • 33. 名無しのトレンド
    • 2017年11月26日 11:04
    •  上記からの続き
       
       6番・7番は言葉は悪いが、日替わりデザート。
       固定ではなく頻繁に入れ替わる。 構成員は、古賀哉子・安田愛里・大石菜摘・鈴木遥夏・小澤愛実・大森莉緒・清原梨央・籾山ひめり・西村歩乃果が考えられる。
       合計人数は9名であるが、そのうち2名が入れ替わりでラストアイドルの6番・7番を務めるので、メンバー構成が常に変化する予備ユニットであり、独自に変化に富んだ7人体制でのステージが務められるアイドルグループともなる。
       これにより、ラストアイドルの魅力に常に変化を与え続けられる。
       飽きさせない変化に富んだ不可思議なアイドル集団となる。
       ラストアイドルのメンバーに病欠・事故欠があった場合の代理出演又は卒業があった場合の補充要員ともなる。
       この9人組が4つ目のセカンドユニットとなることで、新たな魅力や面白味を加味出来ることだろう。
       残り3名の挑戦者又は間島ちゃんたちのユニットに加わるメンバーによっては、メンバー構成が大きく変わることになるであろうが、現時点では以上の構成が望ましいだろう。
       勝手な個人的希望の話ばかりで申し訳ない 
    • 34. 名無しのトレンド
    • 2017年11月26日 11:51
    •  今日から公式サイトでの7名のグループ写真に足が戻りました。
       これで、蒲原さんが入ってからは意図的に足が映らないように消されていたことが判明しました。
       番組側でもビジュアル面での劣化に苦慮していたことが窺い知れるエピソードの一つとなるのでしょうね。
    • 35. 名無しのトレンド
    • 2017年11月26日 14:06
    •  残る挑戦者はあと3名だそうですね。
       私の予測では、4番・6番・7番への文字通りの入れ替えを狙ったチャレンジとなると見ています。
       4番の安田愛里さんは挑戦者とのバトル経験は1回、6番の鈴木遥夏さんは挑戦者とのバトル経験無し、7番の古賀哉子さんは挑戦者とのバトル経験1回といった状況です。
       狙い目としては、この3人ということになります。
       3番の大石夏摘さんは意外な選曲でのパフォーマンスをしてくるので、挑戦するには厄介な相手と認識されるかも知れません。 5番の長月翠さんはバトル経験4回を数える歴戦の勇士でもあり、ファンも多く、入れ替わりで入るにしてもかなり精神的にキツそうです。返り咲いたばかりの彼女を狙うのは、相当な勇気を必要とするでしょうね。2番の吉崎綾さんと1番の阿部菜々実さんとのバトルは勝率がかなり低くなるでしょうから、避けたいところでしょうね。ということで、狙い目は確率からいって、4番・6番・7番というところが妥当なような気がします。
    • 36. 名無しのトレンド
    • 2017年11月26日 18:05
    •  今度の挑戦者の中村守里さんは、安田愛里さんの所属する女優養成所AIの後輩とのこと。
    • 37. 名無しのトレンド
    • 2017年11月27日 06:47
    •  次回はいよいよ間島ちゃんにお帰りなさいを言ってあげられる ホントに良かったー!!!
       メンバーは6名みたいだけど、メンバー構成が気になる~

       間島和奏、山田まひろ、滝口きらら、MISAKI、西村歩乃果、八剱咲羅 といったところかな 自信ないけど

       さらにもう一つのセカンドユニットが猪子れいあ、大森莉緒、清原梨央、籾山ひめりに、これから残り3回のバトルでの敗者ということか

       まるっきり自信ないけど そんなところでしょ 多分
    • 38. 名無しのトレンド
    • 2017年11月28日 05:26
    •  37》の記事をみてて思ったんだけど、猪子れいあセンターでの4つ目のセカンドユニットが出来た場合、ここだけ初期メンがいないことになるよ 何か変  ラスドルファミリーとの絆がここだけ細くなる。
       ここだけの話 ラストアイドルに翠ちゃんが復帰したことで、愛里ちゃんが放出されやすくなったのでは?
       綾ちゃんとの号泣シーンを狙って仕掛けられなければいいんだけど ちょっと心配
       4つ目のセカンドユニットへの移籍のために、愛里ちゃんが落とされることになったら、かなりショックあるな
    • 39. 名無しのトレンド
    • 2017年11月28日 06:05
    •  某所で、蒲原さんが謝罪の言葉が無かったということで意見している人がいるようだけど 今回の脱退事件が番組側から仕掛けられたものだったとしたら、見方が変わってくるよね。
       本人の意志ではなく、強要されたものだったとしたらどうだろう。
       彼女はいろいろと問題も多かったから、そこを理由に自主的な辞退を迫られたのだとしたら、あのビデオレターの見方が大きく変わってくるよね。
       自分を蒲原さんの立場に置き換えて考えてみてね。 強要されての辞退であった場合、辞退することに対しての謝罪の気持ちって起きるのかな? メンバーに対する感謝の言葉はあのビデオレターで述べられていたよね。メンバーへの頑張ってくださいという言葉も。 でも辞退に対するお詫びの言葉は出なかった。
       この番組って、どこまでが仕掛けで、どこまでが真実なのかが判然としないから謎が多いんだけど、
      これは仕組まれた感が否めない。 結果、翠ちゃんの復帰で湧きかえっている。 仕掛けなら見事な効果だよね。 綾ちゃんが、気付いてあげられなかったと自分を責めていたけど、蒲原さんが強要されての突然劇であったのならば、気付けるわけがないよね。 それに、自主的な辞退であれば、番組内に登場して本人の口から語られるべき筋合いの話ではないかと思われる。 メンバーたちと不仲であったというのならば別だけど、そんな兆候もないし。 だから、真実が見えてこない限り、この件で蒲原さんを非難するのはやめようよ。
    • 40. 名無しのトレンド
    • 2017年11月28日 13:24
    •  次回の挑戦者、中村守里さんが挑戦するのは誰か? 6番か7番のどちらかに決まってるでしょ。
       1番・2番・5番にはあのパフォーマンスでは勝てない。 3番はキャラが大きく異なり過ぎる。
       4番は同じ女優養成所で1期上の先輩にあたる。下手に挑戦したら女優養成所に通いにくくなるし、加入後に後ろ盾となってくれる先輩がいたほうが心強い。
       ということで、残るは6番と7番のみ。
       癒し系を売りに対戦するなら6番。 女優志望者同士としての対戦ならば7番。 ということになる。
    • 41. 名無しのトレンド
    • 2017年11月29日 06:14
    •  ラストアイドルのファンの間で、識別コードつけるのが流行ってるのかな? ぷにたんずというように。これってファン層の中での派閥化につながらなければいいんだけど。 こっちが多数派だとか少数派だとかいう言葉が飛び交うようになったら正直萎える。 菜々実ちゃんが一切こんなことに関わっていないことが救い。彼女はメンバーの誰のファンであっても分け隔てすることはけしてないはず。パクスを見ていてよくわかる。だから識別することもないはず。メンバーの誰もが、誰のファンであっても自分たちラストアイドルの大切なファンだということと、分け隔てにつながるようなことは自粛するということの大切さを学んでほしい。でないと、だから俄かアイドルは…などと叩かれる材料を提供することになる。
    • 42. 名無しのトレンド
    • 2017年11月30日 11:02
    •  翠ちゃんの復帰で、ラストアイドルもビジュアル面で大きく改善された。
       あとは完成に向けて、もう2つのゴールデンピースをはめ込むことが出来るかどうかにかかっている。
       松本ももなと猪子れいあがラストアイドル本体に組み込まれるかどうかが大きなカギであることは間違いない。
       その二人が加わるだけでかなりの戦力アップとなる。
       番組を見ていない多くの人々もデビュー後に惹きつけ、虜にするための強力なラインナップが欲しいところである。せっかくそのためのゴールデンピースが用意されているのに、それを組み込めないでいる。
       実にもったいない。 デビュー曲が何万枚売れるかが掛かった大事な勝負所で、かようなジレンマを抱えている。 はっきりいってアホである。 番組のルールを超越出来るのは、ファンの声だけである。
       ファンに問えばいいことである。 ラストアイドル本体に松本ももなと猪子れいあは必要か不要かを。
       その上で、全審査員の投票によるベスト7を選び直せばいい。
       さらに、出来ればラストアイドルは、4つ目のセカンドユニットと連動した14名体制が望ましい。
       立ち位置1番~5番をレギュラーメンバーとし、6番・7番は準メンバーが入れ替えで担当するカタチを取り、準メンバーは9名選出すればいい。 この体制であればラストアイドルのメンバーを7名に絞る必要がなくなる。 1軍5名、2軍9名という構成で、計14名のラストアイドルメンバーを選出し直せばいいだけだ。
       手っ取り早くファン投票で決してもいいだろう。
       2軍9名の内、2名は日替わりでラストアイドルの6番・7番を担当し、残る7名で独立したアイドル活動を展開出来るようにすればいい。双方共に常時7名体制でのパフォーマンスが出来ればいいわけだ。
       これで14名全員がラストアイドル本体の構成員となり、ファン層を拡大しやすくなる。

       
    • 43. 名無しのトレンド
    • 2017年11月30日 20:31
    •  10月14日放送分の録画をあらためて見た。
       菜々実ちゃんが挑戦者として登場した際の暫定メンバーの息を呑む姿、対戦相手の指名を受ける際の各暫定メンバーの息詰まる表情。そして、菜々実ちゃんのパフォーマンスを眺めるメンバーたちの衝撃を受けた表情。ジャッジで菜々実ちゃんが選ばれた時の驚愕の表情。和奏ちゃんが敗北したことを受け止めきれない動揺した言動。
       菜々実ちゃんはこのような暫定メンバーたちの敵意と混乱と動揺のるつぼの中にとびこんでいかざるを得なかった。どれだけ心細かったことだろう。不安な思いでいただろう。唯一の救いが小澤愛実ちゃんの気遣いだった。
       オンエアー後の暫定メンバーたちのコメントを読んだが、菜々実ちゃんに対するコメントがほとんどみられない。 こうなったからには、仕方がないので一緒にやっていきます的なニュアンスが込められたコメントが、せいぜいといった有り様だった。 菜々実ちゃんをすぐには受け入れられないメンバーの心情がはっきりと読み取れる。
       ー 以下に続く -
       
    • 44. 名無しのトレンド
    • 2017年11月30日 20:33
    • ー 上からの続き -

      菜々実ちゃんが可哀そうなくらいひどい受入れ側の反応・対応だった。
       あからさまな暫定メンバーたちの心情を見せられた菜々実ちゃんがどれだけ傷ついたかを慮る言動や申し訳ないことをしたという言動は、その後も暫定メンバーたちには見られなかった。
       菜々実ちゃんがどれだけ居心地の悪い環境に耐えなければならなかったかを思うと涙が出る。
       特に、古賀哉子の無神経さには腹が立つ。 菜々実ちゃんは親しくなってもおとなしい性格だということを今日はじめて聞きましたなどと平気でほざく。 自分があの時、あの場で何をしたのかを完全に忘れたかのような言動にマジで腹がたった。 菜々実ちゃんは、お前たちよりも繊細な心根を持つおとなしくて控えめな人間なのだ。 あのようなことをされれば距離を置きたくなるのが人情だ。 菜々実ちゃんはパクスプエラではもっと楽しそうで明るい表情を見せてくれている。
       その落差の原因の何割かは番組の性格によるものなのだろうが、残りの何割かは古賀哉子が発端となったあの場の人間ドラマによるトラウマだと私は思っている。 あの古賀哉子の寸劇によって必要以上に間島和奏ちゃんからセンターを奪った罪悪感に苛まれているのだと思わざるを得ない。
       それが蜷川さんが言っていた暗い影の正体なのだと思われる。
    • 45. 名無しのトレンド
    • 2017年11月30日 21:12
    •  - 追記 -

       菜々実ちゃんは長身で大人っぽい感があるので、ついつい忘れられがちだが、まだ中学生の女の子だ。
       その中学生の女の子に古賀哉子は何をしたのかをよく考えるべきだ。 傷つきやすい年頃のいたいけな少女に何をしたのかを。
    • 46. 名無しのトレンド
    • 2017年11月30日 22:20
    •  11月18日の菜々実ちゃんと猪子れいあさんとの対戦時においても、古賀哉子の菜々実ちゃんいじめが発揮される。対戦後のメンバーによるコメントが公式サイトのコンテンツというカタチで毎回掲示されているのだが、ここにおいても、❝あの間島和奏に勝った阿部菜々実❞ という言葉を出してくる。 メンバーの素顔というビデオカメラの映像においても❝あの間島和奏に勝った阿部菜々実❞という言葉を出してくる。
       あまりにも陰険過ぎてヘドが出る。
       自分だって相澤瑠香の名前を出されたらいい思いはしないだろう。 メンバーはみな対戦相手を踏み台にしたという同じ傷を負っている。お互いに自分の対戦相手の名前を出されれば嫌な思いをすることは十分にわかっていることであるはずだ。だからおそらくは暗黙の了解としてそういったことはお互いにしないように気を遣い合っていると思われる。なのに、この女は容赦がない。 自分で植え付けたトラウマをさらになぶるかのように執拗に間島和奏の名前を出し続ける。 あの番組の某審査員ではないが、菜々実ちゃん逃げて!と言いたくなる。 古賀哉子! いい加減にしろ! と叫びたい思いにかられる。
    • 47. 名無しのトレンド
    • 2017年12月01日 00:43
    •  あらためて小澤愛実ちゃんの優しさが伝わる話ですよね。 あの場に居たたまれない様子で立ち続ける菜々実ちゃんを見るに見かねて声をかけてくれた。古賀哉子さんが作り出したあの場の空気では、きっとそうとうに勇気がいったと思います。
      「頑張りましょ! 気まずいけど」TVではここまでしか表示していませんが、よーく聞いてみると、さらに言葉を続けています。 小さい声なので聞き取りづらいのですが、「大丈夫です」と言っているように聞こえます。
      菜々実ちゃんを安心させようとしてくれているのが、よくわかります。 こんないい子がラストアイドルから外されてしまったことが残念でならないですね。
    • 48. 名無しのトレンド
    • 2017年12月01日 16:07
    • う~ん、愛実ちゃんは天使だね。 菜々実ちゃんは天女、綾ちゃんは女神。
      哉子さんは… 魔女!
    • 49. 名無しのトレンド
    • 2017年12月01日 16:21
    • 翠ちゃんは? 愛里ちゃんは? 
    • 50. 名無しのトレンド
    • 2017年12月01日 16:32
    • 翠ちゃんは妖精 愛里ちゃんは宝塚 ですかね   ついでに遥夏ちゃんは巫女  夏摘ちゃんはリボンの騎士
    • 51. 名無しのトレンド
    • 2017年12月01日 22:09
    •  菜々実ちゃんのファンの方々は出しゃばらず、静かに見守っている大人の人たちが多い。 中には菜々実ちゃんが小学生の頃から応援し続けている人たちも少なくない。
       だからと言って、古賀哉子さんがやっていることを黙認し続けるとは思わないほうがいい。
       あなたの未熟な演技に騙されない大人たちが少なくないことを。今回出た記事がその証拠でもあります。
       さも友好的な様子を装って、菜々実ちゃんに近づきながら、和奏ちゃんへのトラウマを植え続けようとするあなたの行いを苦々しく見ている大人たちの存在を忘れないほうがいい。
       和奏ちゃんとあなたがどれだけ親しかったのかは知らないが、おそらくはそんなことよりも菜々実ちゃんへの嫉妬が根底にあるのですよね。
       容姿だけが売りで、歌もダメ(音痴)で、ダンスも苦手なあなたにとっては、全てを揃えた菜々実ちゃんがまぶしすぎるのかも知れませんね。容姿においてもスラリと伸びた長い脚は、メンバーの中で一人だけO脚のあなたにとっては、ストレスの種なのかも知れません。
       でも、それは彼女の罪ではありません。あなたの心の罪です。 もうこれ以上、菜々実ちゃんに和奏ちゃんへの罪悪感を持たせようとするのはやめてください。 あの子はあなたが思っている以上にピュアな心根を持っている子です。 これ以上、傷つけないでください。
    • 52. 名無しのトレンド
    • 2017年12月01日 22:41
    • 51番の記事を書いた者です。かなりひどいことを書きました。哉子さんごめんなさい。
      でもあなたに、心を傷つけられる痛みを知ってもらうためにわざと書きました。
      私がやったことは最低のことです。
      人の心を傷つける行為は、最低のことなんです。 どうかそれに気づいてください。 お願いします。
    • 53. 名無しのトレンド
    • 2017年12月02日 05:53
    • 小澤愛実ちゃんの優しさは僕たち菜々実ファンはけして忘れません。 本当にありがとう。
      あなたの優しさが無ければ、菜々実ちゃんはもっと深く傷ついていたでしょう。 感謝しています。
      シュークリームロケッツも応援させて頂きます。
    • 54. 名無しのトレンド
    • 2017年12月02日 09:02
    •  ラストアイドルではズブの素人が勝ちやすい。 古賀哉子・鈴木遥夏・大石夏摘はいずれもド素人で挑戦して勝利を掴んでいる。 一方で、現役又は元アイドルの挑戦は敗退者だらけ。 唯一勝ったのは阿部菜々実一人だけ。 しかもセンターをもぎとった。 阿部菜々実のスゴさがよくわかる。 スゴすぎる。
       初期メンもアイドル活動経験者は長月翠と相澤瑠香だけだったことを見ても(吉崎綾のユニットはアイドルグループなのかな?)、この番組では兼任OKといいながらラストアイドル本体には、経験者や現役のアイドルは入れたがらないことがわかる。
       だから今回の重大事件での予想に阿部菜々実の兼任不可という怪情報がまことしやかに囁かれたのだと思う。
       これほど現役や元アイドルを拒絶するオーディションも面白い。 視聴者の期待を裏切るジャッジをしたがる傾向が強すぎる。 でもそれで本当に最強のアイドルグループが出来るのか疑問だ。
       まさか長い眼で見てやってくださいなんて言わないよね。
       最強という冠を載せたからには、それを頷けるメンバーを揃えてほしい。
       松本ももな・猪子れいあ・大森莉緒を加えないで本当に最強ユニットが作れるのだろうか?
       家㏍がどうなるかわからない実験的なグループなどいらない。 視聴者は看板通りの最強のアイドルグループの誕生を見たいのだ。 これなら最強だと思わせてくれるアイドルグループが見たいのだ。
       1年も持たずに埋もれてしまうようなグループを作りあげてほしくない。
       
       
    • 55. 名無しのトレンド
    • 2017年12月02日 09:07
    • 上記の文の訂正
              家KK ⇒ 結果   スミマセン
    • 56. 名無しのトレンド
    • 2017年12月02日 16:29
    • 54》の者です
      今日も深夜にはラストアイドルが楽しみですね。
      でも、また挑戦者はド素人さん。 ド素人さん優先のオーディション番組だから、得意の『まさかの…』が起こる可能性もあり得るわけだ。 あと残り3人の挑戦者とアピールするわりには、今回はたいしたことない挑戦者のように思う。 清原梨央の方がまだいいんじゃないかと思ってみたりする。
      今の暫定メンバーで最強のアイドルグループのメンバーとして頷けるのは阿部菜々実・吉崎綾・長月翠の3人だけ。 大石夏摘はこれからどう化けるかという期待が持てるユニークさがあるけど、残り3名は最強のメンバーと呼ぶにはあまりにもオーラパワーが無さすぎる。 この間の敗退者のアイドル経験者たち(大森莉緒・籾山ひめり)の方が彼女たちよりもオーラパワーは数段上のように感じる。まして猪子れいあと比べると、アイドル性で大きく劣って見える。 立ち位置4番・6番・7番を入れ替えるための残り3人の挑戦者なのかと、意地悪を言ってみたくなる。 でも今回のド素人さんに負けるようでは、話にならないのは確かだろう。
      4番・7番のお局さんたちがいなくなれば、ローティーン組がもっと自由に遠慮なく個性を発揮しやすくなるような気もする。お局さんたちがグループの主導権を握っている限り、最強のセンター(阿部菜々実)を抱えていても十分に活かしきれない気もする。グループのまとめ役としての年長者は吉崎綾一人で十分だ。
    • 57. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 10:07
    •  そもそも古賀哉子ってラストアイドルに必要なの? 美貌でも歌唱力でも吉崎綾に及ばない。 歌はかなりへたくそだよね。 ダンスが出来るわけでもない。 足は確かにO脚だし。 年齢ももう若くない。 だから伸びしろも限られてる。
       古賀よりは松本ももなや猪子れいあ、大森莉緒、籾山ひめりが戦力として欲しかったというのが視聴者の多くの意見であるように思えるんだけど。このままじゃAKBGや坂Gに勝てないよ。 向こうの支持層にバカにされるだけ。 最強のアイドルグループを作るんじゃなかったの?  
    • 58. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 10:42
    •  シュークリームロケッツの3名は絶対にラストアイドルに必要だと思う。 ラストアイドル本体よりもシュークリームロケッツを推したいという人も多いのでは? 翠ちゃんが戻ってくれただけでも大反響だったし。
    • 59. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 10:47
    • 総選挙だな。 間島ちゃんも戻ってきたことだしね。
    • 60. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 10:52
    • だね。あの審査員たちの趣味でいじくり回されて出来たユニットを「さあ、これが最強のアイドルユニットだ。ありがたく頂戴しろ!」といわれてもね~ 納得いかないし、素直に推せない。
    • 61. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 11:06
    •  審査員たちのてんでバラバラの好き嫌いでこねくり回して、コンセプトも感じられないごった煮のようなグループが最強になると考えてるほうがおかしい。 最初から間違ってるんだよ! この番組
    • 62. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 11:09
    •  番組の制作側から言えば、単に面白ければいいだけでしょ。 常に話題になることが大事で、本気で最強のアイドルグループが作りたいわけじゃない。
    • 63. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 11:11
    • 期待するほうがバカということか 虚しい番組だな
    • 64. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 12:38
    •  次回の挑戦者石川夏海さん、現役時代については全然知らないけど、良さそうな子ですね。
       21歳だそうですが、若く見えますし、顔だちも可愛いくてスタイルも良い。
       グループ内での担当はお笑い担当の紫だったのかな? キャラも面白いのかも知れませんね。
       年齢的には狙うとしたら4番の安田愛里さんか7番の古賀哉子さんということかな。
       この番組はアイドル経験者は勝ち目が極端に薄いので、残念な結果になる可能性が高いのでしょうが、もったいない気もします。 セカンドユニットへのチャンスが与えられれば、そちらでの活躍が期待できそうですね。
       結果はどうあれ、見事なパフォーマンスを見せて欲しいですね。 出来れば暫定メンバー4番か7番に勝ってほしいところです。 このグループはアイドル経験者が少なくてスキル面での弱さが気になっていますので。
       ハンデを乗り越えた、良い勝負を期待しています。
    • 65. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 12:46
    •  立ち位置1番・2番・5番はもう動かないでしょうね。 そのうちの一人でも欠けたらこのグループの魅力が大きく削がれてしまいそうです。 挑戦者が狙ってくるのも必然的にそれ以外の立ち位置ということでしょうね。
      勝つのが目的であれば、そうならざるを得ないでしょう。
    • 66. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 13:10
    •  猪子れいあさんが3つ目のセカンドユニットのメンバーになっていました。 間島ちゃんがセンターのグループです。 ということは、4つ目のセカンドユニットのセンター候補がいません。
       最後の一人がセンター対決をする可能性が出てきました。 最後の一人とはいったい誰なのでしょうか?
       大変気になるところです。
    • 67. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 14:32
    •  12月に入ってからの菜々実ちゃんのパクスプエラでのライブ出演が危ぶまれていたのに、急に出演可能になったりしているのはなぜ? 対決で負けたらセカンドユニットでのレッスンがあるから、スケジュールが未定になっていたということなのかな? でも大丈夫になったということは、勝ったという解釈でいいのかな? そうであってほしい。 菜々実ちゃんがセカンドユニット入りするようなことがあったら私もそちらの応援に切り替えます。菜々実ちゃんがいないラストアイドルには魅力を感じませんので。
    • 68. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 17:24
    •  間島ちゃん、お帰りなさい。だけど、言葉は選ばないと… 「イスに座ってパフォーマンスしてください」と言われた時に面白いと思ったはないでしょ。 その瞬間のメンバーたちの顔つきは「何言ってるの あなたは」という表情だったよ。 もう少し、メンバーたちへの気配り、心配りを大切にね。 自分がお荷物になっているという意識が希薄すぎるように感じられる言葉だったよ。
    • 69. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 17:34
    •  サムディサムウェアでの猪子れいあちゃん、とても生き生きとしていて輝いてるね。 籾山ひめりちゃんも挑戦者として登場した時よりも可愛くなっている。 もったいないことをしたね。 出来ればラストアイドルに欲しかった。
    • 70. 名無しのトレンド
    • 2017年12月03日 18:22
    •  菜々実ちゃんがセンターにいるラストアイドルには彼女たちは必要だったかもね。 菜々実ちゃんが率いるラストアイドルはやはり菜々実ちゃんに合わせた若返りが不可欠だと思う。 そのほうがラストアイドルはもっと輝ける。 吉崎綾ちゃん以外は17歳以下、出来れば15歳以下で揃えたいくらいローティーンの良い人材が集まって来ている。 因みにローティーン組のメンバーとしては阿部菜々実・松本ももな・猪子れいあ・鈴木遥夏・小澤愛実・大石夏摘・籾山ひめり・中村守里・高橋真由がいる。さらに17歳まで年齢を引き上げれば長月翠・大森莉緒を加えることが出来る。 私の押しとしては阿部菜々実・吉崎綾・長月翠・松本ももな・猪子れいあ・小澤愛実・籾山ひめり(又は大石夏摘)が現時点でのベストかな。この7名ならば平均年齢15.6歳のラストアイドルとなる。
    • 71. 名無しのトレンド
    • 2017年12月04日 09:00
    •  4つ目のセカンドユニットのメンバーは5名。
       ではメンバーは誰?
       敗退者で残っているのは、大森莉緒・中村守里・西村歩乃果・滝口きらら・八剱咲羅
       残りの挑戦者は2名ということで、その挑戦による敗退者が2名出るので、現在既に敗退者となっている人たちの中からは3名ということになるだろう。 最近になって敗退した大森莉緒と中村守里の2名が確定だとしたら残る1名は誰になるのだろう? 
       
    • 72. 名無しのトレンド
    • 2017年12月04日 15:58
    • 今日の握手会に参加できる人がうらやましい僻地の住人です。 菜々実ちゃんのツイッターで猪子れいあちゃんとのツーショットがありました。これに松本ももなちゃんが加わったアイドルパワー全開トリオの画像が欲しいです。3人で映す機会は滅多にないのかな?
    • 73. 名無しのトレンド
    • 2017年12月04日 17:41
    •  最強のアイドルユニットとは名ばかり。 秋元は本気でそんなものは作ろうとしていない。 良くてもAKBグループや坂グループと拮抗するカタチまでしか望んでいない。 3つのグループで競合しあってアイドル業界を活性化させればそれで充分だと思っているはず。 だから中途半端なカタチで戦力を分散させている。
       最強の7名グループがマジで出来上がったら、これまでの既存のものが崩れてしまう。 だからせいぜい拮抗するところ止まりがいいところ。 秋元の掌中で、バランスよく業界を撹拌してさらに自分の影響力を増したいだけだと思われるので。本気で最強ユニットを作るのであれば、すでにテコ入れを強化して20名を超えるラスアイメンバーの中からベストな7名で組めるよう、総選挙みたいな企画を準備し終わっていないと間に合わない。 なんとも中途半端なアイドルユニットの量産化を行っている現状がすべてを如実に物語っている。
       今のラストアイドルが最強のアイドルユニットになれるなど誰も本気で思っていない。最強にするための大事な戦力をあまりにも分散させすぎてしまっているからだ。残酷ショーが終わった後のイベントとしての総選挙を考えているならばまだ良いが、そうでないとしたらなんとも中途半端な企画倒れなアイドル制作番組として終わるだけの話である。 古賀哉子と松本ももなのどちらを推したいか、安田愛里と猪子れいあのどちらを推したいかを視聴者に問えばいい。 結果は明らかだと思われる。 どちらを入れれば最強のアイドルユニットに近づけるのかを考えれば答えは最初から決まっているだろう。
    • 74. 名無しのトレンド
    • 2017年12月05日 04:06
    •  次回予告を見た。審査員にあの炎上男が… しかも大槻ケンヂのリアクション… とんでもない不幸を予感させる。 狙われるのは誰か? 年齢的には吉崎綾・古賀哉子・安田愛里へのチャレンジが妥当なのでは。 新ユニットへの人柱(初期メン)は誰になるのか? 一番危ないのは安田愛里。 でも古賀も第2回バトルからの古参だから初期メンとさほど位置的には変わらないし、パフォーマンススキルはメンバー最下位(歌✖、ダンス✖)。年齢も近いし犠牲となる可能性は高い。 吉崎綾はビジュアルと歌唱力を考えたら石川夏海も避けるのではないかと思う。 吉崎綾に欠けてるのは、ダンス能力と身長だけだ。(今回の挑戦者は若くない) また吉田豪が秋元の密命を受けて審査員として参上している。 ホントに嫌な予感しかしない。 4つ目の新ユニットとラストアイドル本体の絆を結ぶための初期メン人柱が誰になるのか? 怖すぎる次回。
    • 75. 名無しのトレンド
    • 2017年12月05日 12:59
    •  4つ目のセカンドユニットのシルエットを見ましたか? センターに立ってる人が小柄で吉崎綾ちゃんをイメージさせるんだけど、まさかだよね… ホントに次回が怖すぎます。
    • 76. 名無しのトレンド
    • 2017年12月06日 17:04
    •  鈴木遥夏ちゃん、危なかったね。判定は2:2のイーブン。負けててもおかしくない。
       選曲が失敗だと思うよ。前回に清原梨央ちゃんがパフォーマンスした曲を2週続けて見させられれば、新鮮味は感じられないし、清原さんをダシにして どうですか? 私の方がダンスうまいでしょ! とアピールしているみたいで、あまりいい感じがしない。もう少し、審査員・会場の観客・視聴者の心の機微を考えたほうがいいと思うよ。アイドルとして成功するためには大事なことだと思うよ。
    • 77. 名無しのトレンド
    • 2017年12月07日 08:15
    •  菜々実ちゃんが目指すのは、本気で最強を目指すスーパーグループのセンターとして活躍することだよね。
       さらには℃‐uteみたいに、アイドルたちでさえも憧れるようなドリームチームを目指し、そのセンターで思いっきりパフォーマンスを楽しむことなんだと思う。 菜々実ちゃんが言うところのトップアイドルになりたくて…という言葉の意味は、そういうことなんだよね。 今はその夢と野望に共鳴できる仲間探しの段階かもしれないね。
       いずれ、菜々実ちゃんが自分のユニットを立ち上げて、自立するための旅の仲間たちを探し出していく日々が始まっているのかも知れないね。でも安心してね。ファンの人たちはけして菜々実ちゃんを裏切ることなくついてきてくれる、支えてくれるはず。 だって菜々実ちゃんの夢は、ファンの僕らの夢でもあるのだから。
    • 78. 名無しのトレンド
    • 2017年12月07日 18:16
    •  サムディサムウェアの猪子れいあと籾山ひめりの13歳コンビいいなあ。ラストアイドルにぜひ欲しかった。
       せめて猪子れいあだけでも素直にラストアイドルの立ち位置6番と入れ替えで入ってくれていたら… 残念!
       もったいない。
    • 79. 名無しのトレンド
    • 2017年12月07日 21:02
    • うん 15歳の最強センター阿部菜々実のラストアイドルだからこそ、あの2人はほしかった。 菜々実ちゃんと同年のももなんももったいなかったけど。
    • 80. 名無しのトレンド
    • 2017年12月07日 21:07
    • ももなんって素直で真面目そうな性格で、好感持てる。
    • 81. 名無しのトレンド
    • 2017年12月08日 11:51
    •  いよいよ明日の深夜はラストアイドルで波乱が起きるのかな。 吉田豪が審査員として登場する以上、今回と次回は波乱が起きる可能性が高い。 残りあと2回のバトルを何事もなく終わらせてくれるほどこの番組は甘くないか。 暫定メンバー全員になんとか頑張り抜いてほしい。 特に初期メン2名(吉崎綾・安田愛里)と準初期メン(古賀哉子)は危険性が高い残り2回のバトルとなりそうだ。 犠牲者が1名で済むかどうかも怪しい。
    • 82. 名無しのトレンド
    • 2017年12月08日 12:24
    •  最強のラストアイドル7名についての意見がいろいろとあるようだが、1番センターは安倍菜々実、2番は吉崎綾で決まりだとしたら残り5名を誰にするべきかという事になる。
       シューロケの3人組はぜひ入れたいと思っている人は多いはず。入れるとしたら3番に松本ももな、5番に長月翠、7番に小澤愛実ということになるだろう。左翼側の3番・5番・7番の配置が無難。では残った二つには誰を入れるか、ここで意見が大きく割れるのではないだろうか。私の場合は、サムサムの13歳コンビを入れたい。4番に猪子れいあ、6番に籾山ひめりを是非に入れたい。メンバーの顔画像をお持ちの方は、1番センターに阿部菜々実、2番に吉崎綾、3番に松本ももな、4番に猪子れいあ、5番に長月翠、6番に籾山ひめり、7番に小澤愛実を並べてみてほしい。必ずや多くの方々に納得して頂けることだろう。
    • 83. 名無しのトレンド
    • 2017年12月08日 12:54
    •  ついでに裏のラストアイドル7名組を考えてみたい。1番センターに間島和奏、2番に王林、3番に西村歩乃果、4番に朝日花奈、5番に相澤瑠香、6番に山田まひろ、7番に池松愛理といったところか。ことダンスパフォーマンスに関しては、本家のラストアイドルを大きく超えるパワーを持つし、歌唱力の柱としては王林がいる。魅せる存在としては朝日花奈と西村歩乃果がいる。
       人気抜群の本家ラストアイドルと実力派の裏ラストアイドルという構成になる。
       
    • 84. 名無しのトレンド
    • 2017年12月08日 15:21
    •  ラストアイドルのデビューと同時にTV朝日での冠番組が予定されてるけど、その番組内で、ぜひやってもらいたいことがある。 
       1.ファミリーも含めての全25名によるトーナメント形式でのソロパフォーマンス対決。毎週二組くらい。
       2.兼任ではない山田まひろ・相澤瑠香・池松愛理・鈴木遥夏でダンシングチームを公式に結成し、バリバリ   のダンスナンバーを披露。ダンスの得意な菜々実ちゃんもたまにゲスト参加出来ればなお嬉しい。
       3.夏にはファン投票によるオールスターチームを結成し、そのチームでの新曲を披露。
       4.冬にはメンバーを紅白に分けて、ラスアイ紅白歌合戦。(これは特別番組で)

       
    • 85. 名無しのトレンド
    • 2017年12月10日 10:42
    •  いよいよ最終挑戦者を残すのみとなりましたね。挑戦者の山本愛梨さん(中学3年生・15歳)を調べてみましたが、同年の菜々実ちゃんやももなちゃんと比べるとビジュアル面で少し地味すぎるかな。アクターズスクール広島でレッスンを積み重ねてきているはずなので、スキル的なことは心配いらないのかもしれませんが、グループの中核を成す立ち位置3番は、ビジュアル面での評価も求められます。大石夏摘さんは基本的に美人顔です。中1なので、まだ垢抜けるのに時間がかかるのかもしれないのですが、やがて頭角を現すことは間違いありません。デビューが目前に迫ったこの段階で、わざわざ入れ替えを必要とみるだけの魅力が山本さんに感じ取れるかどうかにすべてがかかっていると思います。普通ならばそういったことになるのでしょうが、例の悪ふざけの自滅男がジャッジを任されたので、どうなることやら… 今回はどちらに転んでもそれほど大きな致命傷にはならないのですが、大石菜摘さんが落とされるとしたら、少しもったいないように思います。落とすなら大森莉緒さんとの対戦時であったと思います。彼女はビジュアル面でもスキル面でも経験においても即戦力でしたから。
    • 86. 名無しのトレンド
    • 2017年12月10日 18:05
    •  大石菜摘ちゃんのバトルを残して、他の6名のメンバーが暫定から確定になりましたね。来週のバトル終了後には晴れて正式メンバーとなります。ひとまずおめでとうございます。来週の放送後には、阿部菜々実ちゃんが思いを語ってくれるそうです。彼女のツイッターを見てあげてね。
    • 87. 名無しのトレンド
    • 2017年12月10日 18:35
    •  大石菜摘じゃなくて大石夏摘だよ
    • 88. 名無しのトレンド
    • 2017年12月10日 21:10
    •  4つ目のセカンドユニットのセンターになれる様な人、敗退者の中に残っていないよね。シルエットでは小柄そうだけど、身長が低い人でセンターになれるような人が見当たらない。今、残っている人は、滝口きらら・八剱咲羅・西村歩乃果・大森莉緒・中村守里・石川夏海これに次回の敗退者が加わって7名。この中からの5名で編成される4つ目のセカンドユニット、センターが出来そうな人はいない。強いて言えば、大森莉緒くらいか。
    • 89. 名無しのトレンド
    • 2017年12月11日 07:38
    •  ラストアイドルの知名度を上げるためのイベントとして、スイーツ・スタンプラリーはいかがだろうか? 雑誌社とのタイアップ企画として面白いのでは? 全メンバーに1品ずつ割り振って、対象25品の中のいずれかを食すると、その品に対応したメンバーの似顔絵シールがその場(店舗内)で1枚もらえる。ラリーカードにスタンプも捺してもらう。もちろん誰がどの品に対応しているかは秘密。シールは3種類くらい用意すればいい。自分の推しメンの似顔絵シール欲しさにスイーツを食べ歩くファンが多くなればなるほど、情報交換しあえばしあうほど話題性は上がる。25品目すべて食するとスタンプラリーが完了し、それを送ると抽選で推しメンとユニットごとのブロマイド5枚セットや推しメンの似顔絵&サイン入り色紙が当たるというオマケ付きならば盛り上がるのでは。札幌・仙台・東京・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・那覇でやるのはどうだろうか? 各都市ごとに衣装を変えたシールを用意すれば面白い。シール交換や情報交換などでファンの間では一般の人以上にさらに盛り上がるのではないだろうか? 各都市の観光課などの協力を得て大掛かりにやればかなり盛り上がるのでは?
    • 90. 名無しのトレンド
    • 2017年12月11日 17:04
    •  ラストアイドルのファン層が拡大されてきているように思う。ちょうどセンターが入れ替わったあたりからAKBや坂道のファン層の攻撃的な中傷コメントが減った。ハロプロファンはもともとそれほど攻撃的ではなかったし、阿部菜々実がハロプロファンであることが知られていたので、比較的暖かい眼で見てくれる人が多いように感じていた。こういった他のアイドルグループのファン層が、間島センター時代と比べてかなり好意的な方向へと動いてきたように思う。中にはラストアイドルのメンバーを推してくれる人も増えつつあるように思われる。ラストアイドルファミリーにとっては良い風が吹き始めているようだ。間島和奏のセカンドユニットでの返り咲きにより、彼女のファン層もあらためて取り込める動きに向かっている。12月20日のデビューに向けた一気呵成のシナリオが進んでいく。いまだにラストアイドルは売れないなどと希望的な観測や寝言を言っている連中もいるようだが、もうすでに新しい時代の歯車は動き始めている。やがてはもう誰にも止められないトレンドを形成していくことだろう。ラスターズの名を名乗る人々の熱い応援の追い風を受けて新しい時代を作るアイドルファミリーが間もなく船出する。新しいアイドル時代の創生に関わり、共に楽しみたいという方は乗り遅れませんように。
    • 91. 名無しのトレンド
    • 2017年12月12日 03:50
    • 88 》滝口きららがセンターの可能性は? 他の4名は大森莉緒・中村守里・石川夏海・最終戦の敗者では?
       なんの根拠も無いけどそんな気がする  出来ればきららにも活躍してほしい
    • 92. 名無しのトレンド
    • 2017年12月12日 14:14
    • 4番目のセカンドユニットは、もし最終戦で大石夏摘が勝てば、初期メンも元暫定メンもいないただ一つのユニットになるわけか。ユニット結成も一番最後だし、他のユニットとのパイプ無しでうまく溶け込めるのかな?そのへんががうまくいかないと孤立状態からの疎外感によって、独立心旺盛な、全体との連帯感が薄いグループになってしまう可能性も考えられる。最終戦の審査員に吉田豪が選ばれた理由がそこにあるのだとしたら、大石夏摘のパフォーマンスがどうあれ、大石は落とされることになる。最終の3戦勝負で第1戦か第2戦のどちらかで暫定メンバーが落ちれば吉田豪が審査員に呼ばれることも無かったのかもしれないが、結果は暫定メンバーの勝利で終わったために、無理矢理引きずり下ろす役目を再び吉田豪が受けてきたのか、それとも前回の汚名を晴らすための暫定メンバーへの好意的なジャッジをする目的で呼ばれたのかはわからない。果たしてどちらなのだろうか? 前回の事件では、秋元が吉田豪に汚れ役を押し付けた結果だと思われるので、その借りを返すための温情的なジャッジをさせる可能性も無いとは言い切れない。
    • 93. 名無しのトレンド
    • 2017年12月12日 14:47
    • 77》.すごい先を読んでるね。確かにななみんが目指すとしたら、バリバリに歌って踊れるチームのはず。今のラストアイドルにそれは望めない。踊れるのはななみんと遥夏ちゃんだけ。ちょっと寂しい環境だね。やがては共に高みを目指せる仲間たちとチームを組むことになるだろうね。でないとななみんの大きな夢は達成できないからね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

topへ戻る